kojima market place
ジーンズの聖地と言われる岡山県児島。
児島は江戸時代より綿花が盛んに栽培されその走りから繊維産業が活発な地域になり、ジーンズに関しては世界に高い水準で生地、縫製、加工、仕上げとすべて完結します。
児島の職人さんの技は日々進化しますが、市場にそのままでることは稀であり、その技の深さこそが世界でも注目される所以でもあります。
そんな職人さんの想いをダイレクトに伝えれるスポットがあったらと想い、「kojima market place」は作られました。

綿花イメージ
児島はその昔、名の通り海に浮かぶ島であり干拓をして陸続きになりました。
干拓をした土壌は塩分を含んでおり、塩害に強い綿花を栽培したことが繊維産業のはじまりと言われています。
綿花から製糸工場、足袋の縫製、学生服と紡いできた歴史の上にジーンズがあり、根強い繊維産業が児島にはあります。

ジーンズ製作イメージ
児島の秘密は横のつながり。ひとりひとりの職人の技術も世界レベルで高いのですが、連携します。
それぞれの職人が、日々連携するヒューマンドラマこそが児島の最大のすごさかも知れません。
その職人しかできない技術があり積みかさねた技がコラボレーションする。
手間暇かかるこだわりのジーンズに関わる職人は50人を超えることもあります。
まるでバトンを渡すように紡いでいくストーリーを一本のジーンズから感じ取っていただけたら幸いです。